有酸素運動でダイエット!簡単に痩せられる4つの理由

ダイエットと言えば有酸素運動!って思っている人は多いです。

ウォーキングとかジョギングとか色々ありますよね。

運動は簡単に分けると2種類あります。

有酸素運動と無酸素運動ですね。

有酸素運動はさっきも言ったようにウォーキングとかで長時間できる運動です。

無酸素運動は筋トレやダッシュみたいな短時間だけどいっきにエネルギーを使う運動です。

脂肪を減らしてダイエットするためには有酸素運動が有効です。

じゃあなんで有酸素を選ぶんでしょうか?

今回は有酸素運動でダイエットする理由について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

有酸素運動でダイエットする理由

続けやすい

筋トレって短時間で終わるかわりにきついですよね。

運動があまり好きじゃない人はきつい運動をするだけでやる気がなくなってしまいます。

やる気がなくなればそのうち運動自体をやめてしまうかもしれませんよね。

逆に有酸素運動はウォーキングから始めるとめちゃくちゃ簡単で負荷も軽いから辛くありません。

楽に続けられるというのは運動を習慣化するためにはめちゃくちゃ大切なことです。

また雨が降ったら家の中でもできるし、何かをしてる最中に「ながら運動」をすることができます。

筋トレも一応できなくはないですが、ダンベル持ちながら勉強とかはやりにくいですよね。笑

その点有酸素運動は勉強しながら立ってるとか腹筋に力入れとくとか簡単にできるのでお手軽なんですね♪

簡単

ウォーキングやジョギングは歩くだけ、走るだけなのでめちゃくちゃ簡単です。

簡単な運動だったら何も考えずにできますよね。

しっかりと筋トレをしようとしたらトレーニング中はどこの筋肉に刺激が入っているかとかを考えないといけません。

筋トレの場合はフォームが正しくないと怪我の原因になったり全然自分が鍛えたい筋肉に刺激が入らなかったり、少し難しい面もあります。

当然ウォーキングも正しいフォームがありますが、まずは歩きはじめるということは今すぐ誰でも始められます。

下半身の筋肉はほどよくつく

ウォーキングやジョギングは全身の筋肉を使います。

ですがメインは下半身の筋肉を使いますよね。

歩いていると足の筋肉を鍛えることができます。

足は第二の心臓と言われるほど大切な場所なのでできるだけ鍛えていきたい筋肉なんですね。

筋トレで鍛えることもできますが歩いていることで自然と鍛えられるのでオススメですよ♪

上半身も多少は使っていますが、しっかりと筋肉を付けたい場合は上半身のトレーニングも行うようにしましょう!

全身運動である

ウォーキングやジョギング、縄跳びも全身運動です。

なので筋トレで部分的にがっつりと筋肉に刺激を入れるほど鍛えることはできませんが、衰えない程度に刺激は入っているので全身の筋肉量を保ちやすいんですね。

筋トレをしてても上半身を鍛えるのが大好きで下半身とのバランスがものすごく悪くなってる人っています。

たしかに上半身を鍛えれば見た目が明らかに変わりますが、下半身鍛えてもそこまで変わった感はでなくて楽しくないんでしょうね。笑

ジョギングをした場合足はもちろん腕とか背中、腹筋と全身使っていくのでほどよく鍛えることができます。

脂肪を燃やしやすい

有酸素運動は筋トレと違って長時間行うことができるので脂肪を燃焼しやすい運動です。

脂肪を燃焼するためにはできるだけ長い時間運動をするといいのですが、筋トレを長時間するのは難しいですよね。

負荷が高いので長時間できないんですよ。

でも有酸素運動は負荷が軽いため長時間運動することができます。

脂肪は運動を始めて20分を過ぎた辺りから効率良く燃焼してくれるので脂肪を減らすためには長時間運動するのが大切なんですね。

筋トレもする場合は先に筋トレを

運動が嫌いじゃなくて効率よくダイエットをしたいから筋トレをする場合もあります。

筋トレと有酸素運動の両方をする場合は先に筋トレをしてから有酸素運動をするようにしてみましょう。

有酸素運動を先にすると軽い負荷といえど、疲れがたまってきます。

そうするとしっかりと筋トレで負荷をかけることができなくなってしまうんですね。

逆に先に筋トレをすることで有酸素運動を始めてすぐに脂肪を効率よく燃焼できるようになります。

筋トレも行うことで筋肉がつけば基礎代謝も上がりダイエットが効率よくなりますよ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

有酸素運動でダイエットすることは簡単です。

脂肪を減らすためにはやっぱり有酸素運動が早いのでどんどん歩いていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク