有酸素運動の効果を高めてくれるサプリメントは?

痩せるためには運動だ!

さて、外ジョギングしにいこうかなー。

でもやっぱりもっと有酸素の効率高められないの?

そんなことを思うこと多いですよね。

もっと楽にならないのかと。

実はあるんですよ!

薬ではないので「これを飲んだだけでみるみる痩せていく!」とかではないんですが、確実に運動の効果を高めてくれるのがサプリメントです。

今回は有酸素運動時に摂取することで効率を高めてくれるサプリメントについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

BCAA

必須アミノ酸の中でバリン・ロイシン・イソロイシンのことをBCAAと言います。

BCAAを有酸素運動前に摂取することで長時間運動を続ける時でも筋肉の分解をある程度防ぐことができます。

別に筋肉付いて欲しいと思っていないという人にも、筋肉は代謝を高めて太りにくい体と健康を維持するためにとても大切なものなので維持できた方がいいんですね。

また脳や神経の疲労を軽減させてくれるので集中力が維持しやすく負荷の比較的軽い有酸素運動でも怪我のリスクを減らすことができます。

公道をジョギングしていたりすると集中力が落ちることで捻挫したりする可能性は高まりますからね。

必須アミノ酸なのでタンパク質の豊富な食事をすることでも摂取できますが、運動を始める30分前に食事とったらお腹痛くなるのでサプリメントで摂取する方が無難でしょう。

BCAAを摂取した場合30分後辺りから効果が表れ始めるので、有酸素運動開始30分前ぐらいに飲むのがオススメです。

ちなみにこのBCAAはマラソン選手やサッカー選手のドリンクなどアスリートには欠かせないものとなっています。

カフェイン

コーヒーとか紅茶、コーラに含まれているのでほとんどの人は知ってるものですね。

しかしこれをサプリメントとして摂取している人はかなり少ないと思います。

筋トレをがっつりしている人の中では摂取してる人もいますね。

実はカフェインには脂肪分解作用があります。

なので有酸素運動を始める30~1時間ほど前にコーヒーを飲んだりサプリでカフェイン摂取をすることで、脂肪燃焼を早めることができるんですよ。

ちなみにこの効果は運動しなくてもある程度はあります。

毎日仕事中朝から晩までがぶがぶコーヒー飲んでる人は太りにくいということですね。

ジョギングやエアロバイクでトレーニングする場合は持久力を高める作用もあるため、カフェインサプリを摂取することで普段よりも長時間走ることができるでしょう。

カフェインの摂取量は1回当たり200mlぐらい。

インスタントコーヒーで言うと1,5~2杯ぐらいになると思います。

そんなに短時間で飲めない!という場合が多いと思うので、脂肪燃焼促進を狙ってカフェインを摂る場合はサプリを使いましょう。

ただしカフェインは毎日のようにたくさん摂取していると慢性疲労の原因にもなってしまいます。

なので運動しない日は飲まないようにしましょう。

グルタミン

グルタミンは運動すると消費されますが、普段風邪ひいてしまったりすると消費量が増えてしまうんですね。

風邪ひいた時なんかにも消費量が増えるので常日頃からたくさん使われているんです。

そのグルタミンが不足してしまうと身体は筋肉を分解してグルタミンを作り出します。

なので風邪が長引いた後にちょっと筋力落ちていたり、退院後に思った以上に筋肉が落ちているのはグルタミン不足から筋肉が分解されているということなんですよ。

有酸素運動時にグルタミンを摂取することで体内のグルタミン不足を解消し、筋肉の分解を抑えることができます。

基本的には運動前後に飲むようにするといいでしょう。

プロテイン

サプリメントと言うよりは食品に近いですね。

ほとんどの人はプロテインという名称だけは聞いたことがあると思います。

プロテインは日本語で言うとタンパク質です。

「プロテインは筋トレしててゴリゴリの筋肉をたくさんつけたい人が飲むものだ」というイメージが日本だとまだまだ大きいんですが、運動していない人も飲んだ方がいいんですよ。

ということは当然有酸素運動をメインでトレーニングしている人も飲んだ方が良さそうですよね。

現在普通に食事をとっているとタンパク質不足になっている日はとても多いです。

しかしタンパク質不足は代謝を下げますし、筋肉の分解が早くなってしまうしといいことはありません。

肌の修復も遅れるので謎の肌荒れが実はタンパク質不足ということもあります。

運動をしているとタンパク質の必要量も増えるので、最低でも体重1kg当たり1.6gのタンパク質が摂れるように調整していきましょう。

まずは食事である程度とって足りない分をプロテインで補うのがベストです。

ビタミンC

45分以上の長時間運動する場合は摂っておきたい栄養素になります。

運動時間が長くなり45分~1時間を超えてくると一気にコルチゾールの分泌量が増えます。

コルチゾールはストレスホルモンと言われていて分泌量が増えると、筋肉が分解され脂肪が落ちにくくなるし疲労の原因にもなります。

ビタミンCを多く摂取することで抑えられるので長時間走った日は多めの摂っておくといいでしょう。

サプリメントではないですがサプリより断然大切です。

人間の身体は60%以上が水分でできているのでたった1,2%水分不足になるだけで代謝はものすごく落ちてしまいます。

普段から体がだるいとかしっかりと運動してるのに痩せないという人の中には水分不足で代謝が落ちてる場合も結構あるので、まずは水分不足にならないよう気を付けましょう。

1日2ℓ+運動量に合わせて水を飲むといいでしょう。

まとめ

サプリメントは筋肉の分解を防いだり、脂肪分解の速度を早めてくれるサポートです。

サプリを飲み始めたからと言って運動量を減らしてしまうと意味がないので、オーバーワークになってない限りはしっかりと運動していきましょう。

でもサプリで疲労回復が早くなったからといって運動量を増やしすぎるのにも気を付けましょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク