有酸素運動研究会

有酸素運動について書いていくブログです。健康やダイエットなど有酸素運動はとても効果的なのでどんどん運動していきましょう!

毎日運動してるのに痩せないのはなんで!?そもそも毎日やらなくてもいいの知ってる?

   


 

 

毎日30分ずつジョギングしてるのに痩せない。

なんで!?

 

こんな状況に陥ってる人がいると思います。

これって真剣にダイエットを考えている人に陥りがちな状況なんですよ。

 

真剣すぎることが仇になってるとも言えます。

今回は毎日運動しているのになぜ痩せないのか?について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

そもそも毎日運動の時点でやりすぎ

 

 

じつは運動は毎日やるものではないんですよ。

もしあなたが毎日ジョギングを30分~1時間やってる場合はやりすぎでしょう。

 

週5日以上の運動はほとんど効果がないと言われているので不必要なストレスや食欲を増やしてしまい、無駄の摂取カロリーを増やすことにつながります。

またストレスによってコルチゾールが増えてしまえばそれだけで痩せにくい状態になってしまうので気を付けましょう。

 

しかし日ごろの仕事や勉強、対人関係のストレス解消のために1日あたり30分ぐらいまでのウォーキングはとても効果が大きいと思います。

多くて週5日以内の運動こなし残りの2日はウォーキングで軽く気分転換するのが効果的でしょう。

 

 

 

時間が短い

 

 

1回の運動時間が10分とかでダイエット効果を期待していませんか?

たしかに待った訓導しないよりは10分でもカロリー消費できるので痩せる可能性はあります。

 

しかし10分ジョギングをした場合の消費カロリーはおそらく50kcalにも満たないんですよ。

これだと茶碗4分の1の白米でもカロリーオーバーします。

 

もし10分の運動でダイエット効果を出したい場合は有酸素運動では役不足です。

HIITでのダッシュやタバタ式トレーニングを取り入れましょう。

 

でも10分の運動でも健康には効果あるので「10分じゃあ何の効果もないならやめよ。」と思わないでくださいね!

 

 

 

ちゃんと食べてる?

 

 

食べる量を減らしすぎると代謝が劇落ちして全然食べてない痩せないという状況になってしまう可能性があります。

代謝が落ちることで食べてないのに摂取カロリー=消費カロリーになってしまって痩せないんですね。汗

 

これだと単にストレスを無駄に食べてしまうだけになるので気を付けましょう。

食事制限をするときは少しずつ量を減らして様子見しつつ時々チートデイで代謝が落ちないように気を付けていくことで「なぜか痩せない状態」を切り抜けることができますよ。

 

 

 

筋肉量が少なすぎ

 

 

基礎代謝の40%ぐらいは筋肉が使ってるエネルギーと言われています。

しかし食事制限のしすぎや運動不足で筋肉が落ちた状態だと運動しまくっても痩せない可能性があるんですね。

 

運動したときにカロリーは消費してますが筋肉が無ければ基礎代謝が落ちて結局総消費カロリーは少ないという状態になるからです。

筋肉量は極度の食事制限で栄養不足だったりストレスによってどんどん落ちていくので食事制限のみでのダイエットは良くないと言われているんですよ。

 

今までに食事制限だけのダイエットとリバウンドを繰り返している場合は相当筋肉が落ちていると思われるので少しずつ運動を取り入れて筋肉量を増やしていきましょう。

リバウンド後にたくさん脂肪がついて体格が良くなっていても中には筋肉がないということもありえます。

 

 

 

食べ過ぎ

 

 

これは何度か書いているかもしれませんが本当に多いので気を付けてください。

運動したから食べてもいいやという意識的なやつだけでなく無意識的なやつも含めると多いんですよ。

 

ちょっとバターを付けてパン食べたとかサラダで健康的な食事を心がけてるけどドレッシング使ってるとか。

ドレッシングも油なので結構なカロリーがありまして、これが太ってる原因になっていたりもします。

 

ちなみに人間は摂取カロリーをかなり少なめに見積もってしまうようなので、パッと計算したところから更に3割ほど増したものが本当に摂ってるカロリーと思っても問題ないぐらい実はカロリー摂取しています。

これで計算してみると痩せないのも納得がいくことが多いんじゃないかなと。

 

たとえば1500kcalに調整して食事しているつもりが30%増しの2000kcal近く摂ってしまってることもあるので気を付けましょう。

 

 

 

栄養不足

 

 

食事制限や食事内容のバランスが悪く栄養不足になると脂肪がエネルギーとして効率よく使えなくなるため痩せないことがあります。

ビタミンやミネラルが不足しているとどんどん痩せにくくなっていくので気を付けましょう。

 

 

 

お酒飲んでない?

 

 

運動後に飲む酒はおいしいですよね。

しかしこれが痩せない原因になってしまうこともあります。

 

お酒を飲んで判断力が落ちてる状態だとつい食べてしまうことも多くなるんですね。

お酒自体のカロリーでは太らないと言われていますが、お酒を飲むときはつまみとして脂肪がたっぷりの食べ物が多くそれらを食べることで簡単にカロリーオーバーしてしまうというわけです。

 

お酒を飲む席でもカロリーを気にしていれば体重は減りますよ。

たとえば飲み屋に行ったときは飲むけど自分では食事を注文せず周りが頼んだものをちょいちょい食べていくことで十分です。

 

これを習慣にすると飲みに行ってて太らないようにすることができますよ。

 

 

 

水分補給してない

 

 

運動直後に「よっしゃ!今日の運動で1kg減った!」とか思ったことがある人は要注意!

この1kgのほぼ全ては汗や呼吸で出ていった水分の重さなんですよ。

 

脂肪はたぶん30gぐらいだけです。

水分補給すれば元に戻ってしまいますが、戻るのが嫌だからと水分補給しないと余計に痩せにくい状態になるので気を付けてください。

 

運動後は体が脱水状態なので代謝を落としてこれ以上水分が使われないようにしてしまうんですね。

そうすれば当然脂肪の燃焼も遅くなるため痩せにくくなるというわけです。

 

水太りというのはないので安心してください。

 

 

 

寝不足

 

 

睡眠時間を削って運動したりしてないですか?

睡眠不足はコルチゾールが高まり脂肪燃焼を抑えてしまいます。

 

そのためわざわざ運動時間を30分捻出するために睡眠時間を30分短くするのは無駄になる可能性が高いんですね。

また寝不足だと食欲を司るホルモンバランスが崩れることで食欲が暴走してしまうのも痩せない理由になります。

 

睡眠時間を削ってまで運動するぐらいならしっかり寝て起きてる間に日中の活動量であるNEATを高めていきましょう!

 

 

 

腸内環境が悪い

 

 

ダイエットと腸は結構大きな関係があります。

なぜか太りやすい人と痩せやすい人がいますがこの2人は実は腸内環境が違うことがあるんですね。

 

太りやすい人はデブ菌と言われているものが多く太りにくい人には痩せ菌が多いんです。

これは体質なところもありますが、日々の食生活も大きな原因でしょう。

 

毎日健康的な食事をしている人が時々夕食にジャンクな食べ物をドカ食いしても痩せやすい状態なので太りません。

しかし太りやすい人は時々健康的な食生活で大半が栄養バランスの偏った食事なので腸内にデブ菌が大量に生息していて太りやすくなってるんですね。

 

ジャンクフードが多いとデブ菌の量がどんどん増えていくと言われているので、運動を毎日していても痩せないという人は食生活にも気を遣ってみましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

ダイエットに毎日の運動は必要ありません。

運動はあくまで食事制限を少し楽にさせるためのサポートと考えて取り組むようにしてみましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - 有酸素運動