運動不足でもダイエットしたい!運動について知っておきたい4つのこと

ダイエットしたいけど運動不足だしなんとかならないかな。

運動不足だと運動を始めることが億劫なだけでなく、急に激しい運動をすると怪我のリスクも大きいですよね。

でも運動をしないと綺麗に痩せていくのは難しいのも事実です。

今回は運動不足だけどダイエットで運動を始める前に知っておきたいことについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

運度不足だけどダイエットをしたいときはどうする?

まずは日常生活にちょっとだけ運動を足す

最初はほんの少しだけ運動とは言えないんじゃないか?というレベルから始めていきましょう。

いきなり「明日の朝からウォーキングするぞ!」って頑張り始めたとしても、たいてい1週間ほどしか続きません。

そんなダイエット方法を何度も繰り返しているとどんどん自分に自信がなくなっていき、「やっぱり自分にはダイエットは無理なんだ。」とダイエット自体を諦めてしまう原因にもなってしまいます。

それは避けたいですよね。

なので最初は家事を意識的に行うといった日常生活ですることを運動としていきましょう。

今まで任せていた家事を手伝ったり、週1度の掃除機かけだったのを毎日してみたり。

部屋が綺麗になるし運動して消費カロリーも増えるのでオススメです。

その他にはエレベータやエスカレーターをできるだけ使わず階段使ってみたり、電車では座らないようにしたりといったことでも運動になります。

通勤通学を自転車にするとか一駅分歩くようにするといった方法もありますが、それは少し頑張りすぎです。

まずは家事を増やすとかの簡単なことから初めてそれに慣れてきたら自転車通勤したり、一駅分歩くといった方法を増やしていくといいでしょう。

まずは運動を続けられる状態を作るのが運動不足の人のダイエットのスタート地点です。

運動強度に注意する

もちろんさっき書いたように家事とかから始めずウォーキングやジョギングなどを始めても問題ありません。

ただ運動不足期間が長ければ長いほど自分の身体は思っている以上になまっているということを意識しましょう。

自分の身体の状態を過大評価して急に運動を始めるとオーバーワークで疲れがとれなかったり、怪我の原因になってしまいます。

いきなり走り始めるのではなくまずは歩くといいですね。

2,3週間ほどウォーキングして身体が運動に慣れてきたところでジョギングに切り替えれば怪我をしにくいですし、さらに消費カロリーを増やしていくことができます。

最初かた頑張りすぎて怪我をするともう一度運動を始めるまでに時間がかかりますし、運動をすると怪我してしまうというイメージが強くなって運動が嫌いになってしまうこともあるので注意が必要です。

運動する=痩せるとは限らない

運動したら痩せるもんだと思っている人が多いです。

ですが運動したからといって絶対に痩せるわけではないんですね。

ダイエットにウォーキングって効果あるの?歩くことで得られるメリット

こちらの記事でも書いたように有酸素運動の消費カロリーはそこまで多くありません。

なのでたとえウォーキングをしてもその後にケーキ食べたりカップ麺を食べていると全然痩せないどころか太ることもあるんですね!汗

結局痩せるためには消費カロリー>摂取カロリーの状態を作り出さないといけないので、運動したから食べても大丈夫といわけではないと理解しておきましょう。

じゃあ運動は意味がないかというとしっかり意味はあるんですね。

運動をすることで筋肉が鍛えられるため基礎代謝の維持向上につながります。

食事制限だけだと筋肉は落ち基礎代謝が下がってしまうためリバウンドの可能性が高くなりますが、運動をすることでリバウンドの可能性を減らすことができます。

また痩せた後しっかりと筋肉がついていることで引き締まったいい身体になることができます。

食事制限のみだと筋肉もないので骨だけの不健康な見た目になりやすいんですね。汗

運動不足の人がダイエットを始める時にオススメのトレーニング

運動不足の場合はいきなりハードなトレーニングはオススメできません。

ではどのようなトレーニングが向いているんでしょうか?

ウォーキング

運動を始める時に一番手軽なのはやはりウォーキングになります。

筋トレは苦手という人も多いしジョギングは運動不足が長いときついです。

ウォーキングは運動靴さえあればいつでもどこでも歩くことができるし、気持ちのハードルがかなり低いため最初の運動としては一番始めやすいでしょう。

スロージョギング

ウォーキングの次に行いたいのがスロージョギングです。

フォーム的には走ってるけどペースはウォーキングとほとんど変わらないようなものすごくゆっくり走る方法です。

この方法はウォーキングからジョギングに切り替える時に始めるといいですね。

同じペースでもジョギングになると下半身にかかる負荷が全然違ってきます。

なので最初はものすごくゆっくり走って下半身をジョギングに慣らしていくんですね。

もちろんジョギングになれば怪我のリスクは上がるのでしっかりウォーミングアップとクーリングダウンを行っていきましょう。

家事

家事は日常生活で行いますよね。

料理や掃除、洗濯でも意外とカロリー消費はしてるんですよ。

夏場に掃除してると汗かいてきますよね。

それだけ身体を動かしている証拠です。

家事嫌いでも運動のためって思えばかなり楽に家事がこなせるようになると思います!

ながら運動

ながら運動は何かほかのことと一緒に運動をする方法です。

家事もその一種ですね。

家事をメインに身体を動かしているわけです。

ながら運動としては歯磨きしながらスクワットとかかかと上げをしたり、テレビを観ながら腹筋をしたりその場歩きしたりといった方法があります。

テレビを観ながら歩くのにはステッパーを使うのもいいですね!

ストレッチ

運動不足では筋肉がカチカチに固まっています。

なのでまずは筋肉をほぐすためにストレッチから始めるのもいいでしょう。

朝余裕があれば寝起きにストレッチをして夜はお風呂から出てすぐにストレッチします。

1日2回できればいいですが難しかったら入浴後の1回だけでも効果はあります。

スタンディングデスク

これもある種のながら運動に入ると思いますが、個人的にオススメなので個別に書いています。

スタンディングデスクとは立った状態で作業できるように高さを調整した机のことです。

そのままですね。笑

デスクワークとか勉強中普段は座ってやってると思うんですがそれを立った状態で行います。

立ってるだけでかなり足の筋肉使ってるんですね。

最初はきついですがデスクワークって1日6時間とか平気で座ってますよね。

1週間で30時間とか座ってるわけですよ。

なのでその時間を上手く運動に利用しようとなったのがスタンディングデスクです。

もちろん休憩がてら途中で座るのもありです。

いやいや集中力落ちるやん!思いました?

ですが実はスタンディングデスクだと集中力が上がるんですね♪

今実際この記事も立ったまま書かれていますが集中力の上限も維持できる時間も立っている方がはるかに高いです。

デスクワークで腰痛や肩こりに悩まされていたのも立っていれば解決されるという運動だけじゃなく様々なメリットをもたらしてくれます。

個人的にはもうデスクワークを座って行う状態には戻りたくありません。笑

スタンディングデスクを始めてダイエットに効果があったのか?と言う部分についてはありましたね。

まずふくらはぎが鍛えられていい感じに引き締まります。

おかげでむくみも改善したようです。

もうひとつは腹筋と背筋が自然に鍛えられるので普段の姿勢が良くなりました。

座っていると猫背がひどい状態ですが立っていると多少ましになります。

そこからたまに意識して背中を伸ばすようにすると1週間ほどで姿勢が改善されてきました。

慣れてくると運動してるという感覚なく結構消費できてるようなのでオススメですね♪

会社でスタンディング環境を取り入れるのは少し難しいかもしれませんが、上司に言ってみたり会社ではできなかったら家だけでもスタンディングにしてみるのもありだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

運動不足の人がダイエット中に運動を始めるときは本当にゆっくり始めるのが一番継続しやすくて最終的には早く痩せることができます。

カメのようにゆっくりと確実にダイエットをすすめていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク