ストレスはジョギングで吹き飛ばす!効果的なやり方を知ってみましょう。

ストレス解消にめちゃくちゃ効果的なジョギング。

運動全般的にストレス解消効果はありますが、ここに絞って言えばジョギングが効果高いでしょう。

そんなジョギングですが、ストレス解消を効率よくできてますか?

実はちょっとした工夫を加えるだけでストレス解消効果が変わってくるんですよ!

今回はストレスを効率よく吹き飛ばすジョギングのやり方について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

楽しく行う

せっかくジョギングするなら楽しみましょう!

最初は疲れてきたら歩いてもいいです。

むしろ歩きましょう。

ちょっと余裕が出てきたらまた走り始めればOK!

たしかにジョギングはストレス解消に効果がありますが嫌々行うとストレス源になりかねないんですね。

これはどんなことでも同じでサッカーやテニスが大好きな人にとっては週末にスポーツで汗を流すのはめちゃくちゃストレス解消になるでしょうが、サッカー大嫌いな人に無理やりやらせてもストレスがたまります。

仕事が大好きすぎてもはや仕事が他の部分でのストレス解消になってる人もまれにいるぐらいですからね。笑

ジョギングが嫌ならウォーキングでも全然問題ありません。

時々コースを変える

人間はすぐ飽きる動物です。

飽きたコースを走るのは面白くないのでいつもと違うコースを走ってみるといいでしょう。

コース考えるのが面倒な場合は普段走ってるコースを逆から走るだけでも全然風景が違うのでいい感じですよ。

1つコースを考えるとその逆もコースとして使えるので2つ増えることになるんですね。

週に1度だけ違うコースを探してみるようにすれば1か月後には毎日違うコースを選べるぐらいバリエーションが増えてるでしょう。

緑の多いところを走る

できれば公園や森などの緑が多い場所を選んで走るといいですね。

これをグリーンエクササイズと言われていて緑の多いところでの運動のストレス解消効果は何もないところを走るように圧倒的に高いんです。

5分でもストレス解消に効果ありと言われているので近くに公園があればそこに走りに行きましょう。

たしかに時々近くの山に走りに行くんですが帰ってくるときにはかなりすっきりしてますね。

1回行うだけでも効果あり

運動は習慣化することがとても大切です。

しかし習慣化と言っても時間が平日は仕事で夜遅いから走れないという人も多いと思います。

そんなときは1回ジョギングするだけでもストレス解消には効果があるということを知っておくといいでしょう。

たとえば日曜など1日休みの日に20~30分走るだけでも結構な効果があるんですよ。

週1回しか走れないから運動とかいいやって思うのではなく週1回でも走ってみるとストレスを解消でき、その後はスッキリとした気持ちで過ごせるので試してみてください。

すごくストレスがたまる時期だけジョギングをしてみるというのもありですね。

30分ぐらい走る

10分20分でも効果はありますが効率を更に高めたいときは30分近く走るのが良いですね。

エンドルフィンやドーパミンなどが分泌されることで運動後5分ぐらい経ったら清々しい気分になるんです。

この2つをしっかり分泌させるにはある程度の時間走らないといけないので、できれば20分は走る時間を確保してみてください。

時間ないって思う人が多いでしょうが、意外と時間はあったりします。

家に帰ってぼーっとスマホゲームしてる時間だったりネットサーフィンしてるうちに20分経ってた経験が1度でもある人は、実は1日に20分の運動時間をとれるということです。

1回のジョギングは45分まで

運動はやりすぎると逆にストレス源になってしまいます。

このラインが約45分ぐらいで長くても1時間で終わらせたいところですね。

1時間を超えるとストレスホルモンであるコルチゾールが大量分泌されてしまうので気を付けましょう。

コルチゾールが高まると体内は炎症が増え、テストステロンも下がってしまいメリットがなくなってしまいます。

走ってる自分にめっちゃ集中してみる

1歩1歩前に出してる足の動きに集中してみると瞑想と同じ効果を得られると言われています。

走り始めて5分ぐらい経つとセロトニンという精神を安定させてくれるホルモンも出てくるので、ストレスをゆっくりと減らしていってくれるでしょう。

普段瞑想をする時間をとったり、一人でぼーっとする時間がある人は少ないと思います。

しかし思った以上に何も考えていない時間って大切で意識的にとっていく必要があるんですね。

ジョギング中はある程度何も考えずとも走り続けられるのでぼーっとして精神的な体力を回復させる時間として使ってみてください。

ストレッチもセットで

急に走り出すと怪我の元です。

怪我してまた運動しなくなったら余計にストレスがたまるだけと思うんですよ。

なのでいきなり走らずに1分2分でもストレッチをした方が良いでしょう。

ただし運動前は静的ストレッチではなくダイナミックストレッチを行ってくださいね。

寝る前にもストレッチ

運動するばかりでは筋肉がカチカチに固まっていってしまいます。

なので筋肉を使うようになったら休ませるためのストレッチも取り入れるようにしましょう。

寝る前に10分ほど静的ストレッチを取り入れるようにすればジョギングとの相乗効果を得ることができますよ。

疲れたときは休む

習慣化して続けるのは大事ですが時には休みも必要です。

オーバーワークはあらゆるトレーニング効果を0にしてしまうどころかマイナスにしてしまうんですよね。汗

最近どうも疲れが取れないというときまで無理をしてジョギングせず、早めに食事とお風呂を済ませて寝る時間を増やしてみてください。

短期で疲れがたまってるだけなら1日2日寝たら疲れはとれますけど、慢性疲労化した後に休んでも1日程度じゃ全然回復しないですから。

まとめ

ジョギングを工夫して行うことで運動によるストレス解消効果を更に高めることができます。

簡単にできるものが多いので今日から取り入れてみるといいでしょう。

ジョギングコースを逆から走ってみるとかもう今からできますよね。笑

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク