有酸素運動研究会

有酸素運動について書いていくブログです。健康やダイエットなど有酸素運動はとても効果的なのでどんどん運動していきましょう!

筋トレと有酸素運動はどっちが先?順番が違うだけで圧倒的な効率差に!

   


 

 

引き締まった身体を作りたいとき

脂肪がたくさんついてるのをダイエットして減らしたいとき

 

筋トレをするのか走るのか?

どっちもやるならどっち先にやったらいいんだろうって思ったことのある人って多いんじゃないでしょうか?

 

思ったことないよ!って人でもどっちが先の方がいいのか知ってるとこれからのダイエットや身体を絞るのが効率よくなりますよ♪

今回は筋トレと有酸素運動はどっち先やればいいの?ということについて書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

筋トレと有酸素運動はどっちが先?

 

結論:先に筋トレが効果的!

 

 

筋トレ直後~最大48時間後まで代謝が高まった状態になります。

最大48時間というのはかなりがっつり追い込んだ場合ですね。

 

かるーく筋トレをする程度ではさすがに48時間も代謝が高まった状態にはなりませんが、強度が上がれば上がるほど時間は長くなっていきます。

ちなみにこの代謝が上がった状態の時間は有酸素運動だと2時間ほどで終わります。

 

かなりの差が出ますよね!

筋トレを取り入れると最大2日間何もしなくても代謝の高い状態を維持できるけど、走るだけとかの有酸素運動のみだと2時間で元に戻っちゃいます。

 

この作用はアドレナリンと成長ホルモンが関係しているんですね。

筋トレでがっつり追い込めば追い込むほどのこの2つのホルモンがたくさん分泌され代謝が高くなってくれます。

 

 

 

有酸素運動を先にすると?

 

 

アドレナリンや成長ホルモンの分泌が少なくなります。

その結果後で筋トレを行っても十分に分泌されず代謝の上がる幅も時間も短くなってしまいます。

 

ということは同じ内容のトレーニングをするなら先に筋トレをした方が効率いいんですね!

 

筋トレを先にすると脂肪が分解される

 

先に筋トレをするとそこで脂肪が「分解」されます。

でも筋トレではほとんど脂肪「燃焼」できないんですね。

 

筋トレ後に有酸素運動を行うことで筋トレで分解された脂肪を効率良く燃焼することができるんですよ。

逆だと脂肪が効率的に燃え始める20分以上走ってから筋トレになりますが、結局筋トレではあまり脂肪燃焼できないので効率が悪くなってしまいます。

 

 

 

有酸素運動後の筋トレは追い込めない

 

 

ジョギングとか20、30分行った後に思いっきり筋トレで追い込むのは難しいです。

筋トレでがっつり追い込むためには疲れがたまっていてはダメです。

 

ジョギングが軽い運動だといっても全身の筋肉を使ってることにかわりはないので、走る時間が長ければ長いほど疲労がたまって筋トレにも影響が出てしまいます。

 

高齢者の健康維持目的の場合は追い込む必要はないので気にする必要がないですが、しっかりとトレーニングしたい場合は先に筋トレをした方がいいですね!

 

 

 

集中力が下がる

 

 

先に有酸素運動をすることで筋トレ中の集中力が下がってしまうことがあります。

理由はさっきと同じで疲れるからですね。

 

結果全然しっかりとトレーニングができてなくて無駄になることもあるので注意しましょう。汗

ジョギングに比べると筋トレは集中力が必要になってきます。

 

というかハードな筋トレをするとき集中していないと大けがにつながるのでやはり先に筋トレをした方がいいでしょう。

 

 

 

筋トレ後に走っても筋肉は落ちない

 

 

ジョギングは筋肉が落ちるとか言われてますが、落ちないのでガンガン走りましょう。

といってもマラソン選手並みに走るとわかりませんが。汗

 

筋肉が落ちる原因はトレーニングよりも食事にあります。

早く痩せたくて全然カロリー摂取してないのに走りこんだりすると、筋肉が落ちるのは当たり前。

 

でもこれも筋トレを同時に行うことでかなり抑えることができます。

しっかりとタンパク質をメインに他の栄養素を取れば問題ないですね!

 

 

 

プロテインは全部トレーニングが終わってから

 

 

筋トレするとプロテインどのタイミングで飲んだらいいんだろって気になりますよね。

筋トレと有酸素運動をする場合は全部のトレーニングが終わってから飲むといいでしょう。

 

ジョギングを始める前に飲むと胃に血液が流れてしまって有酸素運動に必要な分がうまく循環しません。

結果無駄に疲れることになる上プロテインを飲んですぐに走るとお腹が痛くなる可能性もあります。

 

最後にしっかりプロテインを飲めばOKです。

 

 

 

筋肉は常に分解、合成されている

 

 

これは筋トレや有酸素運動だけでなく日常生活の中でも同じなんですが、筋肉はいつでも分解されたり合成されています。

そう、今あなたがこのブログを観てくれているときもです。

 

なので食事制限で栄養が足りなくなれば分解される量が増えますし、しっかりたんぱく質とかとれば合成される量が増えて筋肉がつきます。

基礎代謝を高めるためには筋肉をつけないといけないので食事制限中でも最低限タンパク質はとりましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

筋トレと有酸素運動のどちらを先にすればいいか?は基本的には筋トレが先です。

ダイエットでも筋肉を肥大させる場合でも有酸素運動が後の方が効率的ですので、この順番で行ってみましょう。

 

同じことをするならやっぱり効率的な方がいいですよね!

 

 

ダイエット中に有酸素運動を行う場合は「有酸素運動は毎日行うべき?ベストな頻度とは?」を合わせて読んでみてください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 - 有酸素運動