スタンディングデスクを3年使ったので感想を書いてみる。効果良すぎてもう座って作業できない!

スタンディングデスクを使用し始めて3年ほど経ちました。

3年前に立ったまま仕事するスタンディングデスクとかいうのがあるらしいぞ!と知ったわけですが、本当に知れてよかったって感じですね。

3年前よりは知ってる人が多くなったと言ってもやはり浸透しているってレベルではなくて僕の周りにはスタンディングデスクのことを知ってる人は今のところいません。

そんなスタンディングデスクを毎日の仕事や読書・ゲームするときとかにも使い続けて感じたことについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

やっぱ最初は足が痛かった

スタンディングデスクで得られる効果はたくさんあります。

初日から

「こんだけ集中して仕事できるんやったら今までなんで座って仕事してたんやー。」

って嘆きました。

まあ知らなかったんで当然なんですけどね。

そんなレベルで効果を感じるスタンディンデスクですが、やはり最初は立ちっぱなしだと足が痛くなってたので意識の隅っこの方ではやめようかなと思ったことがありました。

僕の場合は他のたくさんの効果を得たいと思ってやめませんでしたが、足が痛くなるというのは一番の挫折ポイントになるでしょう。

足が痛くなるのは主に足裏なので

  • マッサージ
  • 休憩
  • スリッパ
  • ヨガマット

などがあるので色々試してみてください。

僕はこれ4点セット始めてからかなり楽になりましたね。

足が痛いのは慣れる

一日の終わりに足がある程度疲れるのは3年経っても変化ないので、ずっとこんな感じでしょう。

と言っても1ヶ月ほど経てば痛みはなくなりますし、疲れには慣れます。

続けられればスタンディングデスクをやめようって気持ちはどんどん減ってくるでしょう。

反り腰だったりデスクの高さが合ってないことで肩こりの原因になる可能性があるので気をつけた方がいいですが。

作業効率が上がった

スタンディングデスクを始めてから仕事とか勉強・読書の効率が上がったから早く終わるようになりました。

僕は基本的に自宅で作業しているので、その日の仕事が終われば終わるというスタイルです。

スタンディングデスクを使い始める前に比べて1時間ぐらい早く仕事を終えられるようになったので自由な時間が増えましたね。

場合によっては半端なく集中できて座って作業してた時の2倍速ぐらい出てるんじゃないかって日もあります。

毎日って考えるとこれはかなり大きな変化じゃないでしょうか。

スタンディングデスクでなぜ作業効率が上がるのか?はまだはっきりとわからないですけど、体に適度なストレスがかかることによって脳力が向上してるんじゃないかと言われています。

ちなみに一日トータル1時間36分以上立ったまま作業すると効率は上がると言われてるので、作業効率を上げるためのハードルはそこまで高くないです。

立ってる時間が苦にならなくなった

立ちっぱなしの時間って結構ありますよね。

行列に並んでる時とかデートで歩き回ったり、待ち合わせの時間に早く着いたり。

あとはUSJとかディズニーみたいなところで並ぶ時間でもありますね。

二時間ぐらい待ち時間があっても立ってることに対してのダメージはもはや皆無です。

毎日朝から夜まで休憩入れつつとはいえ立ちっぱなしなので2時間なんて余裕!

おかげで疲れからイライラしたりテンション下がることはなくなりました。

普段お昼に糖質摂らないようにしてるので外食でがっつり食べた後はだるくなって機嫌良くなかったりしますが。汗

下半身が鍛えられて自分が全く疲れないので、気をつけないと一緒に歩き回ってる人の疲れを忘れてしまうことがあるので特にデートとかの時はめっちゃ気をつけましょう。

ダイエット効果はたぶんある

スタンディングデスクにすることでダイエットに効果的と言われています。

実際ネットで色々なブログを観てみるとダイエット効果あるとかないとか書かれていますが、僕はあると思います。

理由はとても簡単で案外カロリー消費量が増えているからです。

1時間あたり10kcalほど多くなってると言われてます。

立ってると座ってる場合に比べて消費カロリーは2倍になるとか色々あるんですが、一番少ないので1時間あたり10kcalの増加でしたね。

10kcalとかすくな!って思いました?

でもこの10kcalの積み重ねが半端ない差になることにみんな気づいてないんですよ。

気づいていても10kcalとか大したことないと無視しています。

例えば僕の場合で計算すると少なく見積もっても一日6〜8時間立ちっぱなしなんですね。

6時間で計算すると座りっぱなしの場合に比べて一日あたりの消費カロリーが60kcal多いということになります。

これは4日続ければ茶碗1杯の白米がチャラになるということ。

1年続けると365×60kcal=21900kcal消費されます。

つまり3kg程度なら脂肪つくことなく過ごすことができるんです。

1年で3kg程度差が出るので単純計算したとしても3年続けている現在9kg分は勝手に消費されているということになります。

座りっぱなしだと今より9kg太ってる可能性があった!?と考えるとマジで恐ろしいですね。

学生の頃は授業とかで座りっぱなしの時間が長かったですが、定期的に体育や部活・通学のチャリとかで運動する機会があったので太らなかったんですよ。

でも仕事を始めると意識的に運動していかないと消費カロリー増えないので、時間がないとか関係なくできるスタンディングデスクは運動不足解消にオススメです。

意志力が上がった

最初の「きつい時期でもスタンディングデスクを使い続ける」というトレーニング期間を乗り越えたことで意志力が高まったと思います。

今までなら面倒で先送りしていたことを先送りする頻度が圧倒的に減ったので。

ちなみにスタンディングデスク自体にも意志力を高める効果あるので、使い始めてすぐから意志力向上の効果は感じられます。

疲れが減った

座ってるのってめちゃくちゃいい姿勢をキープしつつ20分に1回ぐらい立ち上がる時間を作れるような環境でない限り疲れがすごいですよね。

いつも座りっぱなしだと”実は座ってる方が疲れる”ということに気づかないんですが、めっちゃ疲れてます。

これはおそらく座ってることで下半身の血流が下がり、全身の疲労物質をうまく循環できないために起こる現象。

映画観たあと結構疲れてたり夜行バスで移動してると寝たのに疲れてる原因の一部はこれ。

スタンディングデスクを始めてから一日仕事をした後の疲労感もめちゃくちゃ減ったので座ってることで出てくる疲れというのはめちゃくちゃ大きいんじゃないかなと思っています。

夜はぐっすり眠れる!

これめちゃくちゃ大きいです。

特にパソコンとか使ってるデスクワーカーだと運動不足と画面からのブルーライトが相まって夜布団に入ってもなかなか寝付けないという現象がありますよね。

けど一日中立ちっぱなしでいるとかなりいい感じに運動量を稼げているようですぐ眠れるようになりました。

またスタンディングデスクを使うと猫背にならないため必要以上に画面に近づかないのでブルーライトを浴びる量も減っているんでしょう。

仕事が早く終わることで精神的なストレス減ってるのも大きいと思います。

元々寝つきがあまり良くない方で、調子良い日で30分〜1時間は寝付くのにかかってたんですが、今では布団に入ったら朝って感じになりました。

まあ時々全然寝付けない日もありますがたいてい他に原因があるので気にしていません。

座ってるのが苦手になった

スタンディングデスクを取り入れてからは座りっぱなしというのが極端に苦手になりました。

電車での移動も座らなくなりましたし。

さすがに新幹線は座りますけど二時間とか座ってるとお尻痛くて嫌なんですよねー。

当然映画も映画館で観るのは結構辛いです。

2時間ものとか観てると面白いやつでも後半はお尻が痛くて集中途切れたりしますから。

今まだ経験してないからなんとも言えないですが、海外旅行で長時間フライトとかしたらやばそうだなーと思ったりしています。

まとめ:もう座りっぱなしの生活には戻れない!

「立ったまま仕事してるー」って話をすると100%びっくりされて「しんどいやん!」って言われます。

もしくは若干変人扱いされます。

が、あまりの快適さに僕としてはもう元の座りっぱなしでキーボードを叩き続ける生活には戻れないなーって感じですね。

今後膝やった!とか腰いわした!ってことがない限りずっと立ったまま作業するでしょう。

スタンディングデスクで腰痛改善とか肩こりがなくなったって人がいますし、僕も実際改善してるのでむしろ立ちっぱなしの方が身体にも優しい気がしますし。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク